• Mon.05.22.2017

Cinema Studio 28 Tokyo「Design for Living 生活の設計」Prologue

デザインを担当しておりますwebマガジン Cinema Studio 28 Tokyo の新連載、
「Design for Living  生活の設計」が始まりました。
主宰のマリコさんが映画から着想を得た服をhPark 古川博規さんに仕立てていただく、着想から完成までの過程を追うものです。

美しい写真とお二人の文章をじっくり読んでいただけるよう、
本のページを捲るようなデザインにしました。ぜひご高覧ください。
http://cinemastudio28.tokyo







  • Fri.04.07.2017

『ファッション・アイコン・インタヴューズ』

DU BOOKSより発売の『ファッション・アイコン・インタヴューズ』
(ファーン・マリス 著/桜井真砂美 訳)の日本語版デザインを担当しました。

ファッション・ビジネス界の重鎮たちの本音を引き出した、
奥の深い貴重なインタビューが凝縮された一冊です。
ぜひお手にとってご覧ください。

B5変型/480ページ/並製

◆ビル・カニンガムの貴重な生前インタビュー収録◆
そのほかインタビュー収録
ビル・カニンガム/マーク・ジェイコブス/ブルース・ウェーバー
ヴェラ・ウォン/トム・フォード/カルバン・クライン/ダナ・キャラン
トミー・ヒルフィガー/マイケル・コース/ダイアン・フォン・ファステンバーグ
ポリー・メレン/ノーマ・カマリ/ベッツィ・ジョンソン
オスカー・デ・ラ・レンタ/サイモン・ドゥーナン/アンドレ・レオン・タリー
ケネス・コール/アイザック・ミズラヒ/ジョン・ヴァルヴェイトス

まえがき ラルフ・ローレン







  • Tue.01.31.2017

第27回下北沢演劇祭

第27回下北沢演劇祭」のポスター、チラシのデザインを担当しました。
チラシは昨年と同じく、A4観音折りの8ページ。表紙は賑やかで楽しいイラストをすずきあさこさんに描いていただきました。
演劇祭は2月1日から28日まで開催、チラシは本多劇場グループの各劇場で配布中です。

第27回下北沢演劇祭公式ホームページ→
第27回下北沢演劇祭公式Twitter→

そして、第27回下北沢演劇祭・世田谷区民上演グループA・Bのチラシデザインも担当しました。

上演Aグループ「長いお正月〜世田谷〜」のイラストはこじまさとみさん、
上演Bグループ「カタツムリ寫眞館」のイラストは曽根 愛さんに描いていただきました。

区民上演グループの企画は舞台で演じる喜びを共有してもらうために始まり、過去には小学生から80代の方まで参加されている下北沢演劇祭の恒例行事でもあります。私自身も区民上演グループの舞台鑑賞が毎年の楽しみとなっています。入場無料の公演ですので、多くの方にご覧いただけますと幸いです。







  • Wed.12.28.2016

Cinema Studio 28 Tokyo webデザイン

Cinema Studio 28 Tokyoは、インターネットを漂う、
東京にあるらしい、あるかもしれない映画館

映画の121歳のお誕生日、12月28日、東京時間21:00、
Cinema Studio 28 Tokyoオープンしました。

http://cinemastudio28.tokyo

タイトルロゴやページ内のデザインを担当しております。
—————————-
夏に主催の辻本マリコさんからお仕事のご相談をいただいたときは、webの知識が乏しい自分に務まるのか不安がありました。まずはお話だけでもと初めてお会いした日、企画内容の面白さに話が止まらず、半日近く喋り通していました。
webサイトの構築部分はサポートをしていただき、無事オープンの運びとなりました。webの世界は奥が深く、思うようにレイアウトができないもどかしさもあり、まだまだ勉強の必要性を感じておりますが、内容は素晴らしいので、ご高覧いただけますと幸いです。

webサイトの最終調整を終えてホッとしているところに、絶妙なタイミングで届いたマリコさんからの贈り物。「シェルブールの雨傘」と名の付いた小粋な京あめと気持ちのこもったお手紙に感激で胸がいっぱいに。

これから執筆していただける方々のページ制作も楽しみです。

http://cinemastudio28.tokyo







  • Mon.07.18.2016

絵本『ココアラ』

イラストレーターで絵本作家のはまのゆかさんの新作絵本『ココアラ』(小学館 刊)のブックデザインを担当しました。

担当編集さん、はまのさんと何度も打ち合わせを重ね、じっくりと制作に取り組ませていただきました。日本写真印刷さんのオリジナルインクの発色もよく、とても美しい仕上がりです。
kokoara_h1

kokoara_01

B5判/上製/40ページ/フルカラー

絵本が大好きなコアラの男の子、ココアラが住むユーカリ村に5年ぶりに来たふくろうおじさんの移動図書館。はまのさんの絵の描き込みも素晴らしく、特に移動図書館内は楽しい仕掛けがいっぱい! そして、本の一冊一冊にユニークなタイトルが書かれていて、隅から隅までじっくり楽しめます。

小さな離島で育ったので移動図書館には縁がありませんでしたが、私も図書館が大好きで、学校が終わると頻繁に通っていました。図書館でたくさんの本に囲まれ、自分で本を選ぶ楽しみや気に入ってしまい返却したくなかった本のことなど『ココアラ』を通して、たくさんの幸せな思い出がよみがえりました。心に残る大切な一冊になると思います。